新しい年を迎えたセフレ

セフレ市中央区の海に近い地域です。

15階建てのアパートは新しい年を迎えました。

清潔感のある広いスタジオ。

ユニットバスに入るお湯の音を聞きながら、

セフレは私が買ったショートケーキです

私はお茶を一杯飲みました。

最近のOLは、5人に1人がセフレ持ち。

「食事を食べることはできません」

「いいえ、それは物事のない原則です。」

「誰も訪れたことがない」

「ええと、私はセフレですか?」

「引っ越したばかりだ」

「でも、段ボールはありません」

「私はすでにすべての段ボールを捨てました」

"切り上げする! "

「このマンションごみ捨て場は充実しています」

コメント