セフレが周りにいるとは思わない

私は周りにいるとは思わない

セフレ


誰にも言わずに近くに住んでいる人がいるかもしれません


セフレは法律によって負担され、生きる


無理だと感じさせられない
私の物です。
しかしもっと愚かなものがありました。

捨てた方が良いセフレと悪いセフレ

夜には、弱い飲み物を飲み、家族を脅かすためにナイフを握ります。
私は子供たちに謝罪します。
自分のものが欲しいのですが、他の人を振り返ることはしません。

当然私は周囲を去ります。
セフレも手放す。
そして家族も。

そして誰も他の人になることはできません
自宅のガレージに頭をぶら下げているばか。

最初の発見者は長男です。
悲惨です。

私は怒る。
最後に迷惑をかけ、悲しみを訴えます。

コメント