本当の俳句がわかった吉祥寺の出会い

(白bat芝)
あなたと一緒にいることが本当の春の光です吉祥寺の出会い
(稲葉Re子)
あつしあんし
(佐々木亮子)吉祥寺の出会い
スプリンの光を消すとg夜、
(長谷川香奈)
一生の俳句春キャンドル吉祥寺の出会い
(飯田蛇)
春を覆い、目を離す

 

吉祥寺出会い
(加藤明仁)
春のランタンと南丸目
(平野ししの)

アマリリスは必然的に子宮内にあります
(松本Re子)

彼はただの男なので、彼はすぐに「子宮」という新鮮な言葉で緊張します。 「必要」と言われても。 (;`ºωº)後

しかし、これは俳句を持つ女性として私が直面したときに起こったのかもしれません。

「アマリリス」というフレーズはとてもいいので、「子宮に戻る」という話は終わりました。
梅月さんの夜
お香の思い出吉祥寺の出会い
白い砂の皮と夜梅

「梅よよ」と「夜梅」

春の枝の芽と雨の夜
(高場狩り)吉祥寺の出会い
単一のホイールを残さずにMeizukiを表示
(石井俊夫)
黒猫に恋する梅月夜
紀州の国の名月夜の川
(矢島康夫)
梅月屋、禅の小さなキノコ
(橋本裕二)
夕方の梅にこっそり妹を呼んだ吉祥寺の出会い
(渋谷奈々子)
唇が膨らんだ夜の梅
(日原A)
庭の下駄
(前田しえだ)
夜梅のように開く脚

コメント