セフレと話すのが大好き

私はそのようなものにセフレを向けて生きてきました。

それは習慣です。

私の悪い癖。、
反対側

セフレは暗くて危険な道だけにいた

法案はきっと今来るだろう。

 

逃げ出したオチ。
無防備

私は意見があります

私は話すのが大好き

控えめな―無差別

優しいわがまま

ドイツのボードゲーム作家の作品、セフレ
自分の畑で野鳥を集めるゲーム(野鳥保護区)です。
大きいものは小さい種を食べるようですので、うまく調整する必要があるようです
1〜5人で遊べる
よく売れていませんが、気になる方は是非探してみてください。

コメント